お気に入りの陶器を見つけよう!

陶器が割れてしまったら…「金継ぎ」を試してみよう!

陶器が割れてしまったら…「金継ぎ」を試してみよう! お気に入りの陶器が欠けたり、ヒビが入ってしまったということがあると思います。
せっかく気に入っていたのに捨てるのはもったいない、という時にオススメなのが陶器の金継ぎです。
金継ぎとは欠けたりヒビの入った陶器を漆で接着し、接着部分を装飾して仕上げる日本の修復技術です。
金で接着すると思う人は多いですが、正しくは天然の接着剤である漆を利用した方法で、修復した時に漆の跡が残ってしまうためそれを隠すために金粉を利用します。割れたりしても行うことができます。
また、欠けた部分に別の違う器の破片を使うこともできこれは呼び継ぎといい、元の陶器とは違った雰囲気の器となります。
この技術は茶湯が盛んだった室町時代に始まったと言われいます。漆屋などに頼むことで修復することもできますが、市販の金継ぎセットなどが販売されているため自分で治すこともできます。
ただし、漆を触ってしまうとかぶれてしまうため行うときには必ずゴム手袋を着用しながら行うことが大切です。

陶器を金継ぎが流行している理由とは?

陶器を金継ぎが流行している理由とは? 陶器の金継ぎをカルチャースクールなどで習うことが流行しています。
金継ぎとは、陶器の縁の欠けた部分を修復する技法で、欠けたところに金を塗ることから金継ぎと呼ばれます。縁に少し金がある状態は独特の味があり、金継ぎされた箇所を日本では古来から「景色」として愛でてきました。
金継ぎで修復すれば、使えなくなっていたお気に入りの陶器を再び使うことが出来ますし、自分で直すという面白さもあります。
金継ぎの方法は、欠けた場所にパテという粘土のようなものをつけて固め、その上に漆と金粉もしくは銀粉を混ぜ合わせたものを塗り、乾けば完成です。
現在では本物の植物の漆ではなく同じ効果のある薬品が使われたり、スクールなどでは本物の金ではない金粉を使うこともあります。
パテを縁の形に合わせてやすりで削ったりするのが初心者には難しく、慣れが必要ですが、金粉を模様のように塗ったり、工夫次第で単なる修復以上のことが出来るので、DIY的な趣味としても注目されています。