陶器製作の色選びのコツ

陶器製作の色選びのコツ

陶器製作の色選びのコツ 陶器の色を付ける薬剤の事を、釉薬といいます。
釉薬は、色付けの他にも、強度を強くしたりする効果もあり、焼くことで、ガラス質になります。

釉薬の豊富にあります。
透明釉は無色透明の仕上がり、銅系釉は青緑色に、コバルト釉は濃い青色など、陶器に合わせた色選びが、雰囲気の合う素敵に仕上がるポイントです。
よく使われているのは透明釉です。
下地を生かせるので、絵付けや、他の着色剤との組み合わせで、色鮮やかな釉薬になったり、様々な使い方が出来ます。
釉薬によって、ツヤを消したり、素朴な印象になったり、キラキラできたり、質感を変える事や、砂や鉄を混ぜ込んで、少し違った雰囲気を作り出す事も出来ます。
種類も豊富なのでイメージを膨らませて選びましょう。
熱の具合や、焼き時間などに左右されやすく、なかなか自分の持つ理想通りの色に出会う事も難しいかもしれません。
ですが、陶器製作をする上での毎回の焼き上がりの楽しみにもなります。

陶器の色の名前について

陶器の色の名前について 陶器は「土もの」とも呼ばれるように、原材料となる陶土という粘土に珪石や長石を混ぜて作られ、釉薬をかけて焼き上げられたものです。
代表的な陶器には、瀬戸焼や唐津焼、美濃焼、常滑焼、信楽焼、萩焼、笠間焼などがあります。
釉薬には色を出す働きがあり、使う釉薬によって多種多様な色を付けることができます。
陶器に使われる色には伝統的な特有の名前が付けられています。
黄瀬戸や織部、天目などは代表的な色の名前です。
「黄瀬戸」は、日本で生まれた鉄系の淡黄の色のことです。
「織部」は、深みのある美しい暗緑色で、桃山時代の武将であり、千利休の高弟であった古田織部の名から名づけられたことは有名です。
織部には、陶器全体が緑で覆われているものを総織部、緑の部分と模様があるものは青織部と呼ばれ、その他に鳴海織部や黒織部などがあります。
また「天目」は抹茶碗などによく使われる色で、色は黒から茶まで幅広く変化し、重厚な趣があります。