お気に入りの陶器を見つけよう!

陶器を自分で作る人が増えている理由とは?

陶器を自分で作る人が増えている理由とは? 今では100円均一やニトリなどでもおしゃれな陶器が売られているのを目にします。ですが、どれも大量生産されたもので味気ないのは否めません。
陶器を作ることのできる場所は意外とたくさんあります。街中にも気軽に1日体験ができる陶芸教室も存在します。土を触って心身の癒し効果もありますが、やはり最大の魅力は、世界に一つだけのオリジナルの陶器を作れることです。
最近ではSNSに手料理をアップする人が増え、料理だけでなく盛り付ける器にもこだわりを持つ人も増えてきました。
ありきたりなものではなく、おしゃれな器も作ったものだと注目度もあがりますし、何よりも、いつもの食事がより一層おいしく感じます。
手作りの器はあたたかみがあり、思い出も残るので愛着も湧きます。ひとつ手作りすると、次も違う形や色や大きさ、市販ではない細かいこだわりを詰め込んだものをつくりたくなります。
安価な陶器もメリットはありますが、やはり、世界にただ一つのオリジナルには敵いません。

手作りの陶器をプレゼントするってどう?

手作りの陶器をプレゼントするってどう? 手作りの陶器をプレゼントする場合は、相手の好みや陶芸の腕が大切です。まずは相手がガラス製品が好きだったり磁器が好きだったりする場合、陶器のものは好みに合いませんし、使ってもらえない可能性もあります。
そのため、サプライズ的におくるのは少々リスクがあります。お皿や小鉢、ビアカップなど陶器の食器は温かみがあり、素敵なのですが、手作りとなるとともすると素朴過ぎる事もあります。
ガラスや磁器などのつるっとして手触りが好きな方に、ざらざらとした手触りの陶器はあまりお薦めできません。また、手作りというのが一つネックになります。
陶芸で作品が出来ると嬉しくて沢山作って人にプレゼントしたくなるものですが、初心者の作るものは厚ぼったく、重くなりがちであまり使い勝手が良くない物が多いからです。
薄くなめらかに完成できるように腕を磨いてから、相手の好みを聞いてリクエストに応える形で作ってプレゼントするのが一番無難です。