お気に入りの陶器を見つけよう!

ステンレスと陶器!保温にはどっちがオススメ?

ステンレスと陶器!保温にはどっちがオススメ? ステンレスと陶器の保温性はそれぞれの材質の熱伝導率で調べるとわかります。
それぞれ材質により違いがありますが、ステンレスの方は熱伝導率が10倍程度高くなります。
熱伝導率の高い容器は外気より容器内が熱いものであれば、容器内から外気に熱が放出されます。
外気より容器内が冷たいものであれば、外気の熱が容器内に入りやすくなります。
そのため、熱伝導率が低い陶器の方が保温には適しているといえます。
また、陶器のカップは熱い飲み物を入れても、熱伝導率が低いことから、カップが熱くなりすぎないメリットもあります。
マグカップや茶碗などで一つの材質により製造されているものであれば、陶器の方が保温力はあります。
しかし、保温機能のある容器は保温力を高めるために、いくつかの材質を使用したり、複雑な構造になっています。
そのような容器は加工しやすいステンレスが材質になっていることがあるので、材質だけで判断できないことがあります。

ステンレスと陶器の強度の違いとは?

ステンレスと陶器の強度の違いとは? その食器選びに関して、強度というのは重要な要素となります。
デザイン的な好みで選びきれないのであれば、そういった強度といった面で選ぶのも一つの手段となります。
陶器の場合は、素材としては温かみのある素材ですが、落とすと割れてしまうというデメリットもあります。
逆に、ステンレスの食器であればその強度は非常に高いということが挙げられます。
しかしこの素材の特徴として、熱伝導率が高いという特徴を持っていますので、熱いものを入れる場合にはその食器自体が熱くなるというデメリットがあります。
この二つの素材を強度の面で比較した場合、明らかに陶器の方がその強度という面では劣ります。
ステンレスは決して割れるということはありませんが、凹みや傷などはつく可能性があります。
しかし、それぞれにメリット、デメリットがあるため一概にどちらがいいというものではありません。
そのため、用途や好みなどに応じて選択すると良いのではないのでしょうか。